肥後国一宮 阿蘇神社に ご利益参拝!

阿蘇神社(熊本県阿蘇市) @縁結び


阿蘇神社は、肥後国一宮です。
※一宮(いちのみや)は、地域の中で最も社格の高いとされる神社のこと。次いで二宮、三宮などもあります。

全国に数百ある「阿蘇神社」の総本社です。

一の神殿、二の神殿、三の神殿、楼門、御幸門、還御門、などが重要文化財に指定されます。

神武天皇の孫(第二皇子の御子)の健磐龍命(たけいわたつのみこと)を はじめ その一族の12柱が祀られ、「阿蘇十二明神」と総称されてます。

縁結びパワースポット【阿蘇神社】
スポット阿蘇神社
よみあそじんじゃ
アドレス熊本県
阿蘇市一の宮町宮地3083-1
ご利益交通安全、学業成就、縁結び、厄除け など
アクセスJR豊肥線・宮地駅から徒歩15分
公式サイト

(出典)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、他



楽天オーネットの無料サービスはご存知ですか?
パートナー候補とのマッチングを知る シミュレーションが無料で試せます。
あなたの運命の人ってどんな人?  無料結婚チャンステスト!!

「ご縁」って 自分の努力だけ で何とか できるもの ではないですね。 人との縁って いろいろな偶然に いたずら されることも。 出会いに恵まれなかったり。 気になる あの人に 気づいてもらえなかったり。 努力はしたけど、分かれてしまったり。。。

運命の人との出会いでさえ、実は紙一重のタイミングで、気づかないまま、すれ違っているのかもしれないです。

良い出会いに溢れた 羨ましい人がいる一方で、 なかなか出会う機会さえ ない人もいます。 人との縁には 運も大事。 「縁結び」のパワースポットが 密かに でも根強く 人気です。 阿蘇神社への 縁結びの ご利益参拝で、もっと運気を良くしましょう。 ところで・・・


『 祈願のとき 自分の名前、伝えてますか?

お参りの作法は大丈夫? 』

参拝の作法

今ではほとんどの神社で「2拝2拍手1拝」です。 (昔は神社によってさまざまだったようですが、明治期に統一されたといわれてます。 なお出雲大社などでは4拍手など、一部の神社では現在も異なる場合があります。)

「2拝2拍手1拝」の場合の参拝を紹介します。流れをつかんでおきましょう。

(1)手水を使って、手と口を洗い清めます。
(1-1)右手で柄杓を持ち、左手に水をかけ清める(3回)
(1-2)左手で柄杓を持ち、右手に水をかけ清める(3回)
(1-3)右手で柄杓を持ち、左手に水を受け、口をすすぐ(柄杓に口をつけない)
(1-4)柄杓をすすいで、元の位置に戻す
(1-5)ハンカチなどで口元や手を拭く

参道は中央を避けて歩きましょう。(中央は神が通るところなのだそうです。)

(2)参拝
(2-1)お賽銭を入れる
(2-2)鈴鐘を鳴らす
(2-3)2拝・・・2度深く礼をする
(2-4)2拍手・・・両手を胸の高さで2度拍手。パン!パン!
(2-5)手を合わせて祈願・・・「住所」「氏名」「願い事」を伝える
(2-6)1拝・・・1度礼をする

(出典)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、「神道」


作法をしっかり身につけて、納得の参拝をしましょう。
ちなみに祈願を伝えるときは、「住所」「氏名」のほか「年齢」も伝える人もいます。そのほうが、神様に自分を伝えられそうですね。^^

参拝にプラス!成功者の秘訣

魅力チェックでモテ度をアップ!
 内面は大事。でもそれは 仲良くなってからのこと。  キッカケには むしろ 見た目 が大事。
結婚力の無料診断をお試し!
 インターネットで気軽にできる 無料診断をお試しして、結婚力を こっそりチェックしましょう。


ぷちコラム

八雲神社
牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社です。総本社は京都の八坂神社となります。八坂神社は通称「祇園さん」とも呼ばれ、主祭神には櫛稲田姫命と八柱御子神もいます。京都市東山区祇園町にあり、全国にある八坂神社の総本社でもあります。八雲神社は北海道から九州まで各地にあります。

注連縄(しめなわ)
注連縄・注連飾りには、大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなど神社によって特徴がある場合があります。神社や神棚だけによらず、お正月には玄関などにも注連縄・注連飾りをします。ご神体やご神木にも注連縄が巻かれます。横綱の化粧まわしにつける注連縄も由来は同じようです。

七五三
神社といえば、七五三もお宮参りというのが常識ですね。子供の成長を祝う行事にも、神社はすごく大事な場所です。七五三は11月15日です。ちなみに祝うタイミングは満年齢の人もいれば、数え年の人もいて、兄弟姉妹などとの関係も考えて決める人も多いです。

比売神(ひめがみ)
比売神(ひめがみ)、比咩神とは、神道における神を指すものですが、実は特定の神様の名前そのものではなく、たとえば神社の主祭神の妻や娘、もしくは関係の深い女神などを指すことばです。比売神を主祭神としてまつる神社もあります。

縁結びは永遠のテーマ
縁結びっていわば永遠のテーマですね。昔の人も今の人も縁のことで悩んでいます。だからこそ、縁結びをご利益とする神社などパワースポットは各地にたくさんあります。そういう場所は長い年月で多くの人たちの悩みを受け入れてきたのでしょうね。そして人々の評判を経て今も生き残る縁結びのパワースポットだから行ってみる価値があるのかもしれませんね。

Copyright © 2007-2019 縁結びのご利益参拝@身近な神社でお願い神様!. All rights reserved