恋愛・結婚の成就を目指して
美貌成就も期待して田沢湖で ご利益参拝!

田沢湖湖畔の御座石神社と縁結び


御座石神社(ござのいしじんじゃ)は、秋田県仙北市の田沢湖湖畔にある神社です。

秋田藩主・佐竹義隆公が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことが由来だそうです(慶安3年/1650年)。

辰子が飲んで龍となった「潟頭の霊泉」などの名所もあります。

御祭神の辰子姫のおかげなのか、「美貌成就」のご利益もあります。

縁結びもいいですが、女性には美貌成就も無力的なご利益ですね。

ちなみに田沢湖半を回ると、思いがけない場所で意外な見どころスポットを見つけることもあります。


田沢湖湖畔をコースにした田沢湖マラソンが年に1回開かれています。 数キロの短いコースから、ハーフマラソン、フルマラソンなど距離も選べるので挑戦してみてもおもしろそうです。

案外こういうイベントのほうで、縁結びにつながるということもあるのかもしれません。

縁結びパワースポット【御座石神社】
スポット御座石神社
よみござのいしじんじゃ
アドレス秋田県
仙北市西木町桧木内相内潟
ご利益開運厄除、勝利成功、美貌成就 など
アクセスJR田沢湖駅より羽後交通バス「田沢湖一周線」御座の石神社前から徒歩1分
公式サイト

(出典)公式サイト、他


辰子像と浮木神社

田沢湖の風景写真でお馴染みの金色の「辰子姫像」ですが、そのすぐ近くにも神社があります。

名称は、浮木神社(うききじんじゃ)です。

こちらにも縁結びのご利益があると話も耳にします。






楽天オーネットの無料サービスはご存知ですか?
パートナー候補とのマッチングを知る シミュレーションが無料で試せます。
あなたの運命の人ってどんな人?  無料結婚チャンステスト!!

「ご縁」って 自分の努力だけ で何とか できるもの ではないですね。 人との縁って いろいろな偶然に いたずら されることも。 出会いに恵まれなかったり。 気になる あの人に 気づいてもらえなかったり。 努力はしたけど、分かれてしまったり。。。

運命の人との出会いでさえ、実は紙一重のタイミングで、気づかないまま、すれ違っているのかもしれないです。

良い出会いに溢れた 羨ましい人がいる一方で、 なかなか出会う機会さえ ない人もいます。 人との縁には 運も大事。 「縁結び」のパワースポットが 密かに でも根強く 人気です。 御座石神社への 縁結びの ご利益参拝で、もっと運気を良くしましょう。 ところで・・・


『 祈願のとき 自分の名前、伝えてますか?

お参りの作法は大丈夫? 』

参拝の作法

今ではほとんどの神社で「2拝2拍手1拝」です。 (昔は神社によってさまざまだったようですが、明治期に統一されたといわれてます。 なお出雲大社などでは4拍手など、一部の神社では現在も異なる場合があります。)

「2拝2拍手1拝」の場合の参拝を紹介します。流れをつかんでおきましょう。

(1)手水を使って、手と口を洗い清めます。
(1-1)右手で柄杓を持ち、左手に水をかけ清める(3回)
(1-2)左手で柄杓を持ち、右手に水をかけ清める(3回)
(1-3)右手で柄杓を持ち、左手に水を受け、口をすすぐ(柄杓に口をつけない)
(1-4)柄杓をすすいで、元の位置に戻す
(1-5)ハンカチなどで口元や手を拭く

参道は中央を避けて歩きましょう。(中央は神が通るところなのだそうです。)

(2)参拝
(2-1)お賽銭を入れる
(2-2)鈴鐘を鳴らす
(2-3)2拝・・・2度深く礼をする
(2-4)2拍手・・・両手を胸の高さで2度拍手。パン!パン!
(2-5)手を合わせて祈願・・・「住所」「氏名」「願い事」を伝える
(2-6)1拝・・・1度礼をする

(出典)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、「神道」


作法をしっかり身につけて、納得の参拝をしましょう。
ちなみに祈願を伝えるときは、「住所」「氏名」のほか「年齢」も伝える人もいます。そのほうが、神様に自分を伝えられそうですね。^^

参拝にプラス!成功者の秘訣

魅力チェックでモテ度をアップ!
 内面は大事。でもそれは 仲良くなってからのこと。  キッカケには むしろ 見た目 が大事。
結婚力の無料診断をお試し!
 インターネットで気軽にできる 無料診断をお試しして、結婚力を こっそりチェックしましょう。


ぷちコラム

八雲神社
牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社です。総本社は京都の八坂神社となります。八坂神社は通称「祇園さん」とも呼ばれ、主祭神には櫛稲田姫命と八柱御子神もいます。京都市東山区祇園町にあり、全国にある八坂神社の総本社でもあります。八雲神社は北海道から九州まで各地にあります。

注連縄(しめなわ)
注連縄・注連飾りには、大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなど神社によって特徴がある場合があります。神社や神棚だけによらず、お正月には玄関などにも注連縄・注連飾りをします。ご神体やご神木にも注連縄が巻かれます。横綱の化粧まわしにつける注連縄も由来は同じようです。

式内社(しきないしゃ)
式内社(しきないしゃ)とは、927年(延長5年)「延喜式」の延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)に記載された神社のこと。当時存在た神社で記載されなかった神社は式外社(しきげしゃ)と呼ぶそうです。ちなみに延喜式神名帳は「官社」とされていた神社の一覧。

日本の神
日本の神といえば、天照大神(あまてらすおおみかみ)、伊弉諾尊(いざなぎ)、伊弉冉尊(いざなみ)、稲荷神(いなり)、氏神、大国主命(おおくにぬし)、七福神(しちふくじん)、天神様(てんじんさま)、風神、雷神、・・・有名どころだけでも数え切れないほどの神です。日本はやおよろずの神の国なんですね。

人頼み神頼み
人との出会いって自分の努力だけでなんとかできるものではないですね。だから、人頼み・神頼みするのも大事かもしれません。いい出会いには、いろいろな人の影響があったり、いろいろな偶然が重なってたりするものです。これまでの流れを変えるにはまず、自分の発想から変えることも大事かも。パワースポットで自分を見直してみるのもいいかもしれませんね。

Copyright © 2007-2016 縁結びのご利益参拝@身近な神社でお願い神様!. All rights reserved